Archive for 7月, 2014

今日から夏仕様だから洗濯機はフル稼働

昨日は雨が降り夜肌寒かったので夕食はチゲ鍋にしました。

そんな冬のような昨夜から一転、きょうは私の住んでいるところは夏日。

おうちの中にいても暑い!暑い!

少し家事をすれば汗ばむ陽気です。

夕方になり西日もさしてきて家の中で日焼けしそうです。

きょうは買い物にも行かないつもりなので、お化粧もしていないんですよね。

きょうは1日どこにもでかけずお洗濯と衣替えをがんばっています。

お布団を干した後、日常のお洗濯+布団カバー+毛布2枚。

洗濯機は朝からフル稼働です。

洗濯機

昼間は暑くでも夜は意外に寒かったのでずっと毛布を使って寝ていました。

でも、よく考えればもう5月も半ば。

毛布を使っているなんて恥ずかしい…。

思い切って毛布を洗ったわけです。

その勢いで一気にいろいろなものを夏仕様に替えています。

服もそう、テーブルクロスもそう、リビングのラグもあれもこれも。

朝から動きまわっているのでただいま少し息切れ気味でブログを書いています。

衣替えをし始めると、知らないうちに時間が過ぎるんですよね。

断捨離が苦手な私は、毎回、衣替えのたびに「今度こそ断捨離を実行するぞ」と意気込むのですが、きょうもダメ。

「この服、捨てようかな」「まだ着れるかな」「痩せたらまた着れるかも」

なんて考えだすと「もったいない根性」がむくむく湧き上がってきて捨てられません。

で、収納スペースが足りない!という悩みに陥り、床に収納しきれないモノたちがずらり。

今夜、ダンナが帰宅するまでにこの散乱した部屋を片付けられるのかな。

冬から夏への衣替えは冬物がかさばるために、いつも苦戦します。

どうしよう、もう夕食の準備しなくちゃ。

今日のお昼頃、知り合いの作ったパスタの試食に行きました。

 今日のお昼ですが、妻と一緒に知り合いのYさんの家に行きました。

Yさんは以前から趣味の関係で親しくさせていただいてます。とても明るく良い方です。

パスタを作るので試食してくれと言われて行きました。家にはYさんが待っていました。

丁度できたパスタとシーザーサラダを頂きました。非常に美味しかったです。

スパゲティ

Yさんからは、「二人の観点で良い。味や改善点等厳しく評価してほしい。」

と言われたので私と妻で良い点、悪い点、気になった点などを素直に言いました。

Yさんは、現在銀行に勤めています。若い時はフレンチのレストランで料理人として修行をしていた経歴の持ち主です。

ですが、最近今勤めている仕事に疑問を持っているそうです。まだ定年まで遠いですが、このまま今の仕事を続けていくべきなのか、

それとも昔描いていた夢。料理人としてお店を作り料理を提供していくか。

丁度仕事も出向等様々な悩みがある中で、奥さんと話し合い、退職し、小さなレストランを経営して行こうと決めました。

ただ、今すぐにはその夢は実現できなくて仕事をしながらの修行中です。

奥さんは今の仕事をしながら、どこかのお店でピザ作りや、ウェイター等のアルバイトをしていますし、Yさんも若い時のレストランの先輩の所にたまに行き、

作る料理を見て貰ったりしています。

味も中々美味しく、私もお店を出してもおかしくない位の味だと思いました。

Yさんが、いつかお店を出せるように最大限の応援を妻と共にしていこうと思いました。

頑張って夢の実現をしてほしいと思います。

懐かしい、学校給食。今どうなっているか見てみたい!

私が子供の頃、給食を残すことはとってもいけない事だったと思う。 私の小学校はそんなでも無かったけど、友人などの話を聞くと、ちゃんと食べないとお昼休みは無しだったりとか、ちゃんと残さず食べないと駄目!といわんばかりの厳しい態度で臨む学校だったそうだ。

scl026-s

最近の子供はアレルギー体質の子供も多く、間違ってアレルギーの元となる食材を食べてしまったら命に関わることになる。 以前、食物アレルギーを起こし、亡くなってしまった子供のニュースを見聞きした覚えがある。 

私の頃と違って、最近はアレルギー体質の子供が増加しているようで、学校側もそういったアレルギーのある子に対応しているところが多くなったらしく、「学校側も○○ちゃんは△が駄目だから、XX抜きで・・」とか用意するのもきっと大変なんだろうな。

知人のお子さんはまだ5歳だけれども、小麦アレルギーだそうで、うどんや、パスタ、もちろんパンを食べることが出来ないそうだ。 私にとっては麺類やパンが食べられない世界って創造が出来ない。

何だか今の学校給食をとっても見たくなってしまった。 今時の学校給食は、デザートにケーキなどが付いたりして、私たちのときとは比べ物にならないぐらい豪華になったと聞いたことがある。 そう思うと今どんな感じなのかと~っても知りたくなってきた。 周りに子供がいなくて、最新情報をGET出来ないのがとっても残念!!

加齢臭、私もいつか臭うんだろうか・・

たま~にネット広告で、加齢臭防止の石鹸などの広告を見かける。 加齢臭って一昔前までは耳にすることも無かった言葉だな~と思い何気なく検索してみると、体臭成分の一つにノネナールという物質があり、青臭さと脂臭さの両方を持っているそうで、「加齢により体臭も変化する」とういことで加齢臭と名づけられたそうだ。

加齢臭

加齢臭っていうと男性っていうイメージが会ったけれども、男性は40歳以降、女性は閉経後にノネナールの発生量が多くなり臭うらしい。

会社には当然40歳以降の男性がいるけれど正直加齢臭ってあんまり感じた事が無い。

先日テレビで加齢臭に関連した番組を見ていたら、娘がお年頃になって、「お父さん臭い!」と思うのは、近親相姦を防止する機能(遺伝子が近い人同士が子供を産むと、障害を持つ子供が生まれる確立が高くなります)というか本能が働くそうで、遺伝子レベルが近い人の臭いを「嫌だ」と感じるそう。  娘は父親の臭いを嫌い、例えば男女の兄弟がいる家庭でも妹には兄の臭いを嫌うそうだ。

凄い!人間って良く出来ている。 ということは、会社の親父が私にとってあんまり臭わないのは遺伝子レベルがかけ離れているということか。

どちらにしろ、将来自分も加齢臭だすんだ~と考えただけでちょっと悲しくなった。